aboutウェブハーツについて

Planning ✕ Design ✕ SEO

サービスの価値を共に見つけ
お客様を支えるパートナーへ

ウェブハーツでは、お客様のサービスを利用されるユーザーの想いや行動を汲み取り、ホームページからの集客へと繋げることに力を注いでいます。結果的にお客様の夢の実現や目的への結果を生むことを、過去の多くの経験から学び、実績も出してきました。

お客様を可能な限りサポートし、必要とされるパートナーであり続けられるために、よりよいサービス提供をする努力を続けています。

ABOUT

事業名WEB HEARTS(ウェブハーツ)
事業形態個人事業
代表小林 夏希
住所和歌山県新宮市
(自宅officeのためお取引開始の際にお知らせします)
営業日営業時間:平日 9時~17時
休業日:土・日・祝祭日 及び 当方指定日
メールアドレスinfo@web-hearts.jp
事業内容ホームページ制作 / LP制作 / ECサイト制作 / ホームページ運用・保守 / ロゴ制作 / 名刺・パンフレットなどの印刷物デザイン制作
運営サイトWEBサイト制作:https://web-hearts.jp/
女性が好むWEBデザインリンク集:https://woman-design.site/
個人BLOG:https://kobanatsu.blog/

PROFILE

小林 夏希 web designer

WEB HEARTS
小林 夏希 / Natsuki Kobayashi

担当

WEBコンサルティング/企画・設計/制作ディレクション/管理・運用

制作業種

中小企業・個人事業/医療・病院/施設・子育て/制作会社・広告/美容・健康/製造・販売/食品・飲食/士業/など様々な業種のWEBサイト制作を承ってきました。

経歴

大阪育ち、和歌山在住。猫好き。

大阪の街の小さな印刷屋の娘として育ちました。

父は、チラシを見ては、「これは何紙を使っていて、この色は◯色を何%と△色を何%、□を何%混ぜた色やな」「この色は何と何を混ぜ合わせてるかわかるか?」と言った会話が日常会話で、お父さんってカッコいいな~と子ども心に思ったものです。

父の手と爪はいつもインクで汚れていましたが、それを恥ずかしいとか汚いと思ったことは一度もなく、職人の手に憧れを抱いていたのを今も鮮明に覚えています。

母は、父の仕事を手伝いながらも絵を書いたり、篆刻という手彫りの印を受注制作したりなど手先が器用な人で、そんな両親の影響をうけてか、私も絵を書いたりものを作ることがとても好きな子どもでした。

私がデザインの道へ進んだきっかけは、ものづくりが好きだったということもありますが、高校時代の美術部顧問の先生に「小林はデザインを学ぶのがいいんじゃないか」と言っていただいたのが後押しになったと思います。そして、芸術や美術という道よりはデザインすることがしたいと大阪デザイン専門学校へと進学しました。

当時、インターネットが一般的に広まる前で、WEBデザイナーという職種はもちろんなく、その頃は雑誌や本が主流の時代でしたので、雑誌の編集デザイナーに憧れ「編集デザイン科」へと進みました。

それが、卒業の年になるころは、バブル時代まっさかりで、まだ信念も軸もしっかりしていない私は、【花のOL(死語)】に憧れてしまい、編集デザイナーの道には進まず、企業へと就職してしまいました。高い学費を払ってもらいながら本当に親不孝者です。

そして、いわゆる【花のOL】という生活を送り、結婚、出産、専業主婦を経て、36歳の時に未経験からの独学でホームページ制作スキルを習得し、フリーランスWEBデザイナーになりました。

やはりデザインするのことが好きでしたので、おのずとこの道だったのかなと思います。

女性向けWEBデザインができるWEBデザイナーが少なかった時代というのもあり、開業当初より仕事が途切れることなく、数ヶ月、半年先までご依頼で埋まっている日々を17年続けてきました。私を見つけてくださったお客様には、大変感謝しています。

開業当初よりずっとお付き合いくださるお客様や、10年近くお付き合いくださっているお客様も多くいらっしゃり、一度ご依頼いただくと長くお付き合いいただくことが多いのが、私の強みの一つかなと思っています。

長年一人で制作全てを請け負ってきたのですが、現代のWEB制業界のスピード感についていくのは大変で、お客様に最善のご提供をするためにはどうすればよいかを考えた結果、若い方の力が必要だと悟り、2021年8月よりデザイン・コーディング業務は、外部の優秀なデザイナーさんにお任せして、私は、コンサルティングや企画、設計、全体の指揮をとるディレクターの業務を行うことにいたしました。

長年の経験からか、サービスをどう打ち出せば効果的か、見せていくかの判断が的確だというお声をいただいており、自身でも一番好きな業務です。

ホームページって何からはじめればいいのかわからない、今あるホームページでは集客ができていないという個人事業主さま、中小企業さまは、ぜひお気軽に「お問い合わせフォーム」よりご相談ください。

一緒に帆走し、ともにホームページをお作りいたします。

twitter(個人アカウント) facebook